踊って踊ってダイエット!【楽しく痩せる!】

痩せるコツは、踊って踊ってダイエットです。やっぱりダイエットは楽しくなければ続きません。

もともとぽっちゃり体型だった私と、下っ腹が気になる年頃になった彼氏と一緒に始めたのがエクササイズDVDのダイエットでした。

彼の紹介で始めたのでアメリカの社交ダンスをもとにしたようなエクササイズで、チャチャチャとかルンバとか、様々なリズムでのエクササイズがありました。

ビリーズブートキャンプのように筋肉ムキムキにしてダイエットするのではなく、部分的にくびれとか二の腕とかを集中的にしぼるエクササイズが多かったです。途中男性向けのように説明が入ったりしていました。

アメリカのものは特にハイテンションなコーチなので、やり始めるとスイッチが入って本気で運動してしまいます。ただ、セクシーに腰をくねらせたりするので、実家でやるには誰もいない時間帯を狙わないと少し恥ずかしいことになってしまいます。

真面目にやる汗だくになりますし、たしかにその頃はクビレが綺麗に出ていました。

ただ、エクササイズ系のDVDの難点は、お家である程度の時間と広さが必要なことです。私の場合はそれぞれですが2人でやっていたので1ヶ月くらいは真面目にやっていましたが、そのうち忙しくなると億劫になってしまい、結局やらなくなってしまいました。

ある程度目標は達成したのですが、改めてまた始めるのもなんとなく腰が重いものですよね。

ダイエットは効率よくやったほうがいいです

ダイエットをする際はバランスよくかつ効率よく鍛えていった方が後々になって後悔しないのでおすすめであり、規則正しい生活習慣を過ごしながら運動量を少しずつ上げていき、栄養バランスがしっかりととれた食事をする事が大事となっています。また、基礎代謝量や脂肪燃焼効果を促進させるための対策とかもしっかりととっていけば痩せやすい体質になっていき、年間でかなりの減量を行う事ができます。

自分がダイエットをしている際に悩んだのは運動を行う日やトレーニングメニュー、食事制限とかになっています。食事制限は適度な感じであればよいのですが、ストイックになっていくとあれもこれも制限してしまうのでストレスが溜まりやすくなってしまい、体調を壊したりする事になってしまうので注意する必要があります。

過度な食事制限と無理なトレーニングで体調を壊してしまい、少しの間ですが、ダイエットと肉体改造を停止していた事もあり、その反省を活かしプロテインとかをとるようになり、食事制限を少し改善したら安心してダイエットや肉体改造をする事ができ、年間で30kgの減量にしております。

年間で30kgの減量だったので今はスマートな感じとなっていて、筋力のつく食べ物とかも食べるようになっているため、今の所は筋肉質な体質となっています。

リンゴダイエットをやってみた結果。

雑誌などでよく見る「◯◯ダイエット」。お金や時間をかけず、簡単に痩せれる方法は、単純かつせっかちな私にはぴったりの方法でした。

友人が「グレープフルーツダイエット」をしていたのですが、私はグレープフルーツがダメだったので、リンゴダイエットをすることに。
結果、かなり痩せました。
仕事が忙しく、そのストレスから暴飲暴食が増えた私は一気に10キロも太ってしまいました。

接客業でかつ受付嬢をしていたので、お客さまの目もきになる。また、遠距離恋愛をしており久しぶりに会う彼に「あれ?また太った??」と言われる始末。言われるたびにまたストレスがたまり、会っている間はおちょぼ口でディナーを食べ、もちろん足りずにわかれた後の深夜に袋ラーメンを食す。

もう完全に悪循環でした。
たまたま同じ職場の友人がグレープフルーツダイエットを開始したのをきっかけにリンゴダイエットにトライ。もともとリンゴがとても好きだったわけではないのですが、なぜかとてもハマりました。

食べてはいけないとゆうプレッシャーはとてつもなく大きかったですが、リンゴ独特の食感が私の満腹中枢を満たしてくれたのです。蜜の多いリンゴや少し固めでサッバリとしたあじのリンゴ。リンゴの種類にもこの時詳しくなりました。ビタミンCのお陰で肌までツヤツヤに!

ちなみにお昼をリンゴに置き換え、夜は普段通りに。
食物繊維で便通も良くなったのも、ダイエット効果倍増かと思います。

食べずに痩せるはもう終わり?!

以前、体調を崩したことをきっかけに、ダイエットを辞めました。
その時に行っていたダイエットはまさしく「食べない!」。
高校生だった私は、とても好きな人が他校にできました。それは友人の知り合いで、カッコいいとゆうわけではありませんが、どタイプ!たまに会える時間が楽しみで仕方がありませんでした。

次に会う時までに絶対可愛くなってやる、、、!と、その頃の私がまず行ったのは、「食べずに痩せる」。

結果は一目瞭然。みるみる痩せるかと思いきや、食べないストレスから肌荒れを起こし、ホルモンバランスを崩して生理は止まる。結局食べないダイエットは1ヶ月で断念せざるおえなくなりました。

でも、どうしても痩せたかった私は食べないダイエットは断念したけれど、食べて運動するとても健康的なダイエットを行い、結果、痩せるとゆうより、とても引き締まった女性らしいスタイルを手に入れることに成功しました。

運動といっても学生故にお金もかけられなかったので、友人に協力してもらい、帰宅後に一時間のランニング、途中でスクワット50回。帰宅後に腕立て腹筋それぞれ50回。きちんと食べているから以前食べないダイエットをした時に痩せて無くなった胸も、しっかりキープ。

結果、大好きな人には振られましたが、小学校時代の初恋の人に再開し、付き合うことに。
人生何があるかわかりませんね。

今ではもう30歳をこえ、スクワットを50回は無理ですが、いい思い出です。

ダイエットをしている時の悩みは色々ありました

過去にダイエットを行った際に悩んでいた事といえば、バランスよく栄養がとれる料理や脂肪燃焼効果や基礎代謝量を上げるためのトレーニングメニュー等になっていて、体重が徐々におちていくにつれ色々と工夫をしつつ、トレーニングを変えたり、運動量を上げるための努力をしたり、食べる食事の量を変更し少し制限をかけ、後はプロテインでなんとかしのいだりしていて、ストレスが溜まる事もあったので色々と大変だった覚えがあります。

トレーニングをする日を決めたりしていなかったので、毎日ジョギングや筋力トレーニング、体幹トレーニング等をしていて、オーバートレーニングになってしまう事もあったりしたので体調を壊したりしており、大変だった日々があったのを覚えています。ダイエットをする時に気をつけたいのは偏った食生活になってしまう事や無理なダイエットをしつつ過度なトレーニングをしてからストレスとなっています。

痩せるためには毎日運動しなくちゃとか、食事制限もやっていかないといけないと思う方もいますが、これは間違えであり、適度な休息と身体を休ませる日をしっかりと作るというのはかなり大切な事になっています。

目標としている体重に近づいてきたら、自分へのご褒美として好きなものを食べたり飲んだりしてもいいかと思います。とにかくダイエットをする時はストレスを溜めないようにしつつ、規則正しい生活習慣を過ごしたまには身体を癒やし、好きなものを食べる事だと思います。

投稿日:7月 6, 2018 更新日:

執筆者: